八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

サイドワインダー

1/72のサイドワインダーだけどフィンが二枚チョン付けなんだよなあうまく接着できないなあ触っただけで、ポロリといきそうアイデアは無いとにかく金属を埋めないと0.3ミリのドリルで穴あけしたものの手持ちのピアノ線で0.35ミリといやつを細くして0.3ミリ未…

デザインナイフ

だいぶweblogをサボっていましたいろいろと作業があってその作業を優先していたのでねそれと、9月のコンテストの準備もあるしスジボリツールを作ってみてそこそこ使えるのでああ、どうだったというレポートは書いていませんでしたねそのうち書きますデザイ…

切削ツール

はやいはなしがでかいグラインダーではスジボリツールのような小さなものの加工はなかなかむずかしくてかといって、ヤスリと砥石だけではねえということで、モーターツールの先をなんとかしようと100円ショップから買ってきました なんで、ふたつあるかとい…

スジボリツール その後

なんとかここまで砥いだ 厚さは、どちらも0.3mmくらいだカッターナイフのほうがちょっとだけ厚いがちょっとだけ試してみたが、そこそこ使える単なる針よりはずっといい当たり前のことかもしれないがさて、次はガイドにつかうブツなのだがネット上では、「ダ…

スジボリツール

30年前にはやっていないことに、「スジボリ」がある去年までで、高校生時代くらいまでのスキルにもどったと思っているのだが、その時代にやっていないことに挑戦するならばまずスジボリだろうと思ったなにしろ昔は凸モールドのまま作ったって気にならなかっ…

ステンレスワイヤー

細い、細い 金属線で、丈夫なのが欲しかった手持ちのものは、直径0.22mmのピアノ線だが市内の店では、それより細いのは見つけられなかった手持ちのポリウレタン線などは、細いのはあるのだがしょせんは銅線なので、強くは無いと思ったアモルファス鉄の釣り糸…

タミヤニュース2016年8月号が届いた

タミヤニュース2016年8月号が、届いていました昨日届いたのですが、 表紙はイギリス軍のマーク裏表紙は、レーシングトラック 今月号は零戦の記事が4ページにわたっていた 資料になるものだと思うがカラーだったらなあと思うできれば、webでカラー写真を公開…

人は

今作っているのが、完成しそうなので次に作るのはと、箱を開けて見ていたら古い金型のものなので、コックピットが貧弱だ当時としては、それでもよかったのだが今となってはというさびしさだそれで、コックピットを自作するのは、なかなかたいへんだと思い、…

安物買いの......

どうせ、プラスチックに穴を開けるんだしたいしたことないしと、100円ショップから買ったドリルだが手回しで、精密ドライバーのようなスタイルのヤツなんというのかなあ二本せっとで、税込み108円は、安い!0.5mmと0.8mmのセットは、これで2セット目1セッ…

ノギス

あれの、ピトー管作らないと とシンチュウ線を削るつもりで、三種類ほどシンチュウ線を出してきてノギスも出してきたずっと使い続けているデジタルノギスだが 表示が変だ ブリンクしているたぶん電池切れだな と、思って交換したが変化無しだネットで調べた…

気がつくのが遅かった

プラモ作りに復帰して、始めたのはキットを洗浄するという行為だスタートは、中途半端作りで30年以上放置していたものは洗浄するところからスタートしないと、ホコリがかぶったりマスキングテープを貼りっぱなしで固着していたりで洗うしかなかったいろいろ…

HASEGAWA 1/72 OV-10A (その3)

作り方スタートして、たぶん2年くらい経過しているHASEGAWA 1/72 OV-10A のデカール換え版 1970年代後半あたりか?だが仮組も含めてここまで到達した 時間がかかったのは、主翼を貼り付けてしまってから気がついたなぜか下反角がついているように反ってしま…

A-6Eは引き取ってきました

コンテストに出したA-6Eだが引き取ってきました あわてて、提出前に写真とっていなかったもんねえ 持っていくときは、壊れる恐れありと接着剤と、ピンセットを持って行ったが壊さなかった でも今回は、持って帰ってきて、いざ写真撮ろうとしたら小物がホロリ…

いちどは捨てる気だったが

たぶん、40年近く前に作り始めてなかなか思い通りに行かなくて、放置していたRevell/Gunzeの1/72 Tempest V だが一度はあきらめて捨てる気になったが知り合いが同じキットを作るというのでついつい心変わりしてしまったAvademyのP-40Bと並行して作っているP-…

Academy 1/72 P-40B (その6)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだがパテ盛って削ってそしてサーフェイサー吹き付けてこれ以上手を入れても、モトがモトだけにと、思いつつ機首の機銃の部分が気に入らない機首は重要でしょう なので、部品を接着した上に、パテ盛ったうまくいくの…

タミヤニュース2016年7月号が届いた

タミヤニュース2016年7月号が、届いていました二日前に届いたのですが、weblogのupdateをしないでいました2013年から、年間購読をしまして3年がすぎました次の年間購読のために「赤い振込み用紙」で振り込んではいたのですがいつものことですが、なにも反応…

Academy 1/72 P-40B (その5)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだが パテ盛って削ってを、繰り返したパテは30年ほど前に買ってカチカチに固まっていた「イサムパテ」こと田宮のパテだがそれをクレオスの真溶剤で溶かして、10%くらいかなサーフェイサーを混ぜたものを使っている…

Academy 1/72 P-40B (その4)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだが 胴体張り合わせのときにプロペラをつける構造だがそれをやると、なかなかめんどくさいことになるなので、差込式にしたちょっと手間はかかるが、あとあと楽だ 機首周りはとくにひどくて手を入れ始めたらきりが…

Academy 1/72 P-40B (その3)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだが なんだようこの機首 そして、排気管の表現は40年前のRevel/Gunzeの100円の戦闘機と思えばこんなもんかもしれないけれどね スジボリは、まちがいだらけ修正する気が起きません しかもだいぶ生産して金型がくた…

Academy 1/72 P-40B (その2)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだが なかなか気がつかなかったのだがネットで読んだのは、透明部品の問題だけだったがいろいろとね 凸じゃなくて、ちゃんとスジボリの形になっているのにだまされたのかな P-40は、何度か作ったはだんはじめは、Re…

Academy 1/72 P-40B (その1)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだが1月24日から、これについて書いていなかった作成は少しづつではあるが続けていたのだが 箱はこんな感じ 箱には、ちらりと日本語があるので、少しだけは意識しているのか? ビニールに入ってこんな感じだ 特…

コンテストは(その6)

タミヤの1/72 A-6E だけど締め切りギリギリって実は、いろいろと用事が多発で製作時間が取れなくて残り二日で突貫工事でさ写真撮る余裕無くて完成した直後にすら写真撮るの忘れるという追い込まれた精神状態だったんだな なので、展示しているショーケースの…

コンテストは(その5)

タミヤの1/72 A-6E だけどあんまり写真とっていないんだなぜなら、締め切りのことばっかり考えていて途中のことなんかどうでもよかった組み立てて実は、そのときに困ったんだけどなにしろイモヅケの小さなパーツがいくつかあって翼のところにもあってそれを…

コンテストは(その4)

タミヤの1/72 A-6E だけど説明書を信じるならばちゃんと三点姿勢で立たせるにはレドームに25gのオモリを入れるという25gって、卵の半分くらいの重さだなあ はかりで計るレドーム自体は1.1gまあ、これは関係ないけどそのむかし使った釣りのオモリをかなづちで…

コンテストは(その3)

タミヤの1/72 A-6E だけど 武装が結構ついてきているのでお買い得なのだがそれのデキは、本体に比べてイマイチな感じで個数が多いので、手間がかかった 何世代かあるのだがこれはA-6Eの時代から見て、初代だねそれにあわせて塗装を決めなくてはもちろん武装…

コンテストは(その2)

コンテストは5月3日が締め切りでじつは、もう結果もでているのですが何をどう作ったかも書いていないのでそれを書きましょうまず、基本的なレギュレーションとして「そのお店で買ったキットを使用」となっていますのでほかで買った、未組み立てのキットを作…

田宮模型全仕事 増補版

「田宮模型全仕事」という書籍は、2000年に全三巻が刊行されていましたその当時、2000年には、ふただびプラモデルを作るのは、まったくの未知数でその直後あたり、会社の新入社員で、プラモデルを作るのが趣味ですという方がいましたので、飛行機作るなら、…

タミヤニュース2016年6月号が来ていた

タミヤニュース2016年6月号が、届いていました先々週に届いたのですが、いろいろとありましてweblogのupdateをしないでいました さて、2013年から、年間購読をしまして3年がすぎましたいよいよ次の案内が届きました見慣れた「赤い用紙」ですつまり、年間購…

古いモデルアートを引っ張り出した その四

ちょっと先のことだが、むすこのところに泊りがけででかけることにした今は業務上出張が無い。いや、ネット社会になって、テレビ会議やら、電話会議やらで、複数の場所からみなさまが参加して、画像を共有しなから会議ができるので出張しなくてすむ時代にな…

タミヤニュース2016年5月号が来た

タミヤニュース2016年5月号が、届きましたほんとは、だいぶ前届いたのですが、なんと郵便受けから届いた郵便物を取り出した人が、とんでもないところに放置していたので、いまになって発覚しましたなんでことだ 来月が年間購読の最終号なので、いつものよう…

フィルターを買いました

ちょっとだけ、だらけたつもりがだいぶ書き込まないでいましたねさてさてネットを見たら、安くなっていたので買いましたコンプレッサーからのエアーの水やゴミをとるフィルターですが、グリップのように使えるはずと、思ってね 確か材質変更の軽いタイプが出…

ドリルを

たかだかプラスチックなのになぜかドリルでなかなか穴が開かないよくよく見たら、先がなまくらになっているかなり使いっぱなしだったからなあドリルの刃砥ぎの一式を出してくるのを四苦八苦したまず、100Vの電動ドリル本体が見つからない最近使っていなかっ…

時間はかかったが

プロペラ機が好きだしかし、作っていくうえで、はじめのほうでプロペラを取り付けるという構造のものは、製作中にポッキリと折ってしまわないかと、どきどきするまあ、もっと細いものもあるので、細いものは最後のほうで取り付けたいと思っている小心者なの…

結局強度をとれば......

二年前だったら、シンチュウ線だったのだがどうもシンチュウ線の細いのは、曲がりやすくてと思い始めたら、どうにもこうにも、硬い材料で作るようになったピトー管なんかシンチュウ線だと、どうもこころもとなくてそこをつかんで振り回すわけではなくてプラ…

古いラッカーシンナーは

いまから30年以上前は、ツールウォッシュなどという便利なものはなくて、筆やエアブラシ洗いにはなにか安い溶剤を用意する必要があったのだが私は、ラッカーシンナーを使っていたそのときは、1Lの缶を準備して、ペンキなどを扱うお店に行くと、量り売りで、1…

タミヤニュース2016年4月号が来た

タミヤニュース2016年4月号が、届きましたほんとは昨日届いたのですが書き忘れていました まずはじめに裏表紙に目が行きましたよくあるのは、ここに戦車とか飛行機が掲載されるとそれは新製品の場合が多いからですさすがタミヤです、AFVは、新製品がんばって…

コンテスト

前回書き込んでからだいぶ日数があいてしまったなあなにしろ、いろいろとあって、なにもしていないからなあで........いよいよ某ショップのコンテストだ春は、ジャンル無しのオープンなのでスケール物は、不利なのだが、そんなことはかまわない店長さんが言…

見てきた

派手にTVコマーシャルまでやっている傑作機 なんとか コレクション第一号が、990円ですが1/72のハセガワのキットくらいの価格ですね書店に寄って、いろいろと書籍を見るときについでに見ました透明なパッケージなので下面以外は見えましたいちばん気になった…

タミヤニュース2016年3月号が来た

タミヤニュース2016年3月号が、届きました冬で製作が進まなくてこんなことしか書けないのです 表紙は、フランス陸軍のマークですがいつのものでしょうか現行のマークでしょうか わかりません裏表紙は人形改造コンテストの入賞作品ですこのくらいのサイズの写…

某会社の 1/72 あるもの (その0)

まだちょっと残っている、半端作りで放置していたキット出してきたデカールが一種類しかない違うマーキングはできないかと昔のお宝?を引っ張り出した たぶん30年から40年前の使い残しのデカールなのだが使えそうなのは、HASEGAWA/FROGの1/72 Me410 の余りデ…

Academy 1/72 P-40B (その0)

安いからという理由で買ったAcademyのP-40Bだ税抜き360円 Academyとは、どんなものかという興味もあった細かく見始めたらこれは....... と、 絶句とまではいかないが問題ありますねえというか、価格相応なのか修正しながら行く気持ちはもろくも崩れつつあり…

Revell/Gunze 1/72 B-26 完成

今まで、一回はと中継かを書いたはずだがいつかいたっけ? 思い出せないRevell/Gunze 1/72 B-26 が、やっとのことで完成した たぶん途中まで作って、三十数年放置しておととしだと思う、復帰の練習のために完成させようと思ったのだ 途中作りで放置と言うと…

タミヤニュース2016年2月号が来た

タミヤニュース2016年2月号が、届きました正確には、昨日届きましたが、いろいろとあって書けませんでした 表紙は、第二次大戦時のイギリス軍マークです裏表紙は、第44回人形改造コンテストの入賞作品です サンタモニカ飛行博物館ですLAには、通過点で、一泊…

Revell/Gunze 1/72 P-39Q 完成

Revell/Gunze 1/72 P-39Q が完成した途中作りで、30年以上放置していたものだ もともとキットの指定のマーキングではなくて、イギリス向けに生産されたが。結局イギリスでは購入キャンセルとなって塗装はイギリス向けのまま、国籍マークをアメリカにしたとい…

MODEL GAPHIX (その2)

年末にひっぱり出したMODEL GAPHIX誌だがひもでしばっていたものをばらしたらびっくり知らずにいたのではなくて忘れていたのだが創刊号から買っていた これは、創刊号1984年11月号と創刊二号 1984年12月号でそれぞれ580円だ価格としては、まずまずで、現在の…

謹賀新年

プラモデルを作ることをまたはじめようと決心して四年目かな?2015年は、それなりに作りましたコンテストに出すという気持ちが重要だったかもしれなくて集中して作れましたいよいよ、当初の到達目標に向けて今年はやりますと、元日に、今年の抱負として決心…

MODEL GAPHIX

今年の8月に、発掘して、いちぶ腐っていたモデルグラフィックス誌だが残りの分で、まともなやつを確認した とはいえ年末の大掃除もあるのでまとめる時間がないなので、今回は、こんな感じだよという写真だけ三年くらいは、買っていたというのがわかった宮崎…

TAMIYA MODEL MAGAZINE

先日のことだが、用事があって、嫁様といっしょに、地元の街よりずっと大きな街に出かけた嫁様の用事の場所がちょうど若いころにときどきかよった模型店のすぐ近くだったので、用事の間にちらっと見に行った先代の生きておられたころと、商売の方針自体が違…

真鍮は

近所の某100円ショップ「D」の定番だったシンチュウ線だが、 最近まったく無い市内に二店あるのだが、どちらにも無い昨日にでかけたついでに、もっと大きな町の大きな店舗に寄ってみたが、そこにも無いはて、中国では、シンチュウというか、銅が高騰している…

タミヤニュース2016年1月号が来た

タミヤニュース2016年1月号が、届きました 表紙は、アメリカ海軍の部隊マークで裏表紙は「パチッコンテスト 第75回」の写真部門上位者の作品です ダックスフォード航空ショーはいいですねえさすが戦勝国は飛行機をたくさん所有できてうらやましい私は、興行…