読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

古いコンパウンド

たぶん20年くらいまえの、タミヤのコンパウンドが、いくつかある。
もう、チューブの中は乾燥していて、たんなる粉を固めたやつだ。
その粉を布か紙につけて、まわりにポロポロとこぼしながらも磨くと
なんとか、ある程度は使える。
研磨剤自体は、まだちゃんとしているのだろう。

でも、やはりちゃんと使いたい。
もったいないと思ってしまうのだ。

それで、ネット検索してみたが、コンパウンドに混ぜ込んである溶剤は
どうも、粘性をわざと高くしてあるらしい。
つまり、塗料の溶剤では、あのクリーム状の使いやすい感じにはならないのだな。

さて、どうすれば使えるのか。

新しいのを買ってくればいいよというのは、自分の方針に合わない。
なんとか使いたい。

白色ワセリンを混ぜたらどうだろうかとか、
ハンドクリームをちょっと混ぜてとか
考えたが、素材をいためてはいけないしな。