読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

永遠の0(ゼロ)の永遠の問題

田舎町ではも今になって、やっとお店に、エフトイズの1/144の「永遠の0」の
食玩」といわれる、塗装済みプラモデル?が入荷した

発売直後には、すでに50km以上はなれた街に行って、買ってきていた

ただ、そのときは、なにも考えずに、二つ買ったら
05の九七艦攻と、07のドーントレスだった
少なくともひとつは零戦だろうと想像していたら、やられました

さて、このような不運ですから、また買っても、たぶん、運はないだろうと思っていましたが
ちょっと、ひらめいたことがあります
重量を測定してみました
なお、手持のハカリは、電子ハカリで0.1gまで測定可能ですが、正式な校正は受けていないので
別なハカリで、この値がでるとは限らないので、手持のハカリのみで、測定することにします
このために買ったのではなく、別な目的で買ったものを使っただけです
台所のキッチンハカリは1g単位なので、この測定には向きません

f:id:ooasahi:20140302181838j:plain


以前買ったものは
05九七艦攻は46.5g
07ドーントレスは45.0g
でしたが、実は、この商品は、たぶん、ふとどきもの防止で、開封がしにくいように
テープを貼ってあり、価格シールもあるので、なにもないものより、わずかに重いはずです
あとは零戦とF6Fの重さがわからないわけですが
F6Fは重いだろうと推測できるので、01から04の零戦はにたような重量で軽いだろうと
考えれば、零戦を買うのは可能でしょう

と、売っているお店に行く前に、なにげなくリサイクルショップに寄りましたら
なんと、「永遠の0」の開封済みのものが、中身が見えない状態で、105円で2個ありました
ついつい、買ってしまいました

買ってから見ましたら、01と03の零戦でした
ここで、しめしめと、やめればいいものを
重量測定のワザを試したくて、お店に行ってみました

売り場で、ハカリがコンパクトなため、違和感無く取り出して
重量を測定してみました
42gくらいのものがたくさんあります
たぶん、これが零戦でしょう
ただ、リサイクルショップで買ったものは、箱のふたの紙がないのと
お菓子が入っていないので、重量の参考にはなりませんでしたので
01,02,03,04の区別は、つきませんでした
実は、あとで気がついたのですが、手持のもので、再現する方法はあったのですがね

意を決して、ふたつ買いました

結論は、またも運がありません

なんと、01と03を引き当てて、リサイクルショップで買ったものと
ダブりました
しょうがない、そんな運の無い私です

それで、私の手持のハカリの値ですが
測定値を書いておきましょう
01:41.8g
03:42.2g
05:46.3g
07:44.8g

05と07は、テープの分を0.2gとして現物から引きました

なお、箱は18.8gですが、テープ貼りのものは19.0gでしたし
通常に開封して、フタの紙の一部を取ったものは、18.1gでした

f:id:ooasahi:20140302181858j:plain


こんな感じ
そして、お菓子単体は袋込みで1.8gので
まあ、次に買うときは、タブらないと思いますが
もう買いません
普通のプラモデル作ったほうが、楽しいですね