読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

発掘した遺物 箱編 (78)

・発掘した遺物 箱編 (78)

長谷川製作所 1/32 Fw190A A5U3 A7R3 A8R3 G3

f:id:ooasahi:20140622210313j:plain


これを作った時期
というか、これが発売されて数ヶ月後くらいとだと思うのだが
いちばん好きな飛行機は、Fw190だった

この田舎町で、Fw190のまともなキットというと
このFw190Aしかない
モノグラムは売っていないし

ということで、買って作ったのはあたりまえといえばあたりまえ

ただし、これは800円という価格だった
なにしろRevell/グンゼの1/32のキット、だいたいが500円だし
少しお高い、P-47DやJu87でさえ700円だったのだから
高かった

でも、高いには理由がある
このひとつのパッケージで、A5U3 A7R3 A8R3 G3 が作れる
それだけの部品が含まれている
こういうキットにあこがれていた
どれを作るか迷うような...

Revell/グンゼの1/32は、組み立て説明書は、一枚の紙の両面印刷で
折りたたまれて入っていた
しかし、これの説明書は、冊子になっていて、閉じてあった
高級感で感動だった
こんなにもすばらしいキットなんだという感激だ

f:id:ooasahi:20140622210328j:plain


とりあえず
表紙と、最後のページを載せておきます

f:id:ooasahi:20140622210601j:plain


たぶん今だったら、ひとつのキットに、ひとつの型だけで
モデル別のバリエーションということになるのだろうけれど
そういう時代だったのですね







知的財産権に配慮して、解像度を悪くするか、小さい写真にしてあります。
 知的財産権所有者からの要求があれば、図や写真の掲載は中止いたします。
 図や写真の無断使用はお断りします。