読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

ピトー管の続き の、その後

1/144の場合は、ピトー管が細くて....

それで、ピアノ線の削り方なのですが
なにしろ0.35mmですから、力を入れたら、さすがのピアノ線でも
曲がります
おためしで、息子から譲り受けた安物(失礼)のモーターツール
ダイヤモンドのビットをつけて、削ってみました
なにしろ、先が球状のビットなので、きれいに円柱上には削れません
まあ、遠くから見て、だいたいという感じに、テーパーがついて見えれば
いいので、だいたいで削りました

f:id:ooasahi:20150308212509j:plain


そこそこできたでしょうか
上から二本は、シンチュウで作った試作です
細い部分が、0.2mmもないかもしれなくて、弱くてだめです

三番目が、ピアノ線を削ったものです
ピアノ線は、きれいにできていませんが、そこそこでしょう

f:id:ooasahi:20150308212642j:plain


取り付けてみました
塗装前なので、わかりにくいのですが
シンチュウよりも丈夫なので、安心感です
しつこく書きますが 1/144 ですから
こんなもんでしょう
オリジナルの、モールドのピトー管は、0.6mmくらいで
ゆるーーーーーくテーパーが付いている、ほぼ円筒です
それよりはいいとしましょう