読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

エポキシ接着剤 その後

20年以上前のエポキシ接着剤が固まらないと、6月2日の記事で書いた
ためしにと、100円ショップで買ってみた
一種類しか売っていなかったのだが、ちゃんと100円ショップにあるというのは
たいしたものだ

f:id:ooasahi:20150622205601j:plain


これだ
もちろん、108円で買ってきた
10分硬化型しかないので、選択の余地は無い
そのむかし、30年以上前の知識では、早く硬化するエポキシ接着剤は
カチンカチンに硬くならないので、硬くしたいものは、硬化に時間のかかるものを
使いなさい  と、いうものだ
なので、平気で6時間硬化型なんていうのを使って、垂れてこないように苦しんだ
覚えがある

さて、この108円のものだが
さすがに10分硬化は早い
エポキシ接着剤は、主剤と硬化剤を混合して化学反応で硬化させるので
使う分だけ最低限使うというわけにはいかないのは、使ったことのある人は
理解できるだろう
そのため、一度混合する場合、複数のものを接着したほうが、効率的に使える
それで、複数のものを目の前に並べて、それから、チューブから主剤と硬化剤を
絞り出して混合したほうがいい  今まで使っていたのは30分硬化型なので、
混合してから、接着するものを準備したり、「まだあまっているから、なんか接着するもの
なかったっけ」と、ゆっくり作業ができた
10分だと、混合の作業しているうちに、少しづつ硬化していくのがわかるほどだ
使った結果としては、まったく問題ない
古い常識が、すっとんで、カチンカチンに硬化した
そして、以外にも、キレイに透明である 古いエポキシ接着剤は、黄色っぽい色が付いていた

f:id:ooasahi:20150622205620j:plain


それで、108円で、ひとつのチューブに12グラム入りなので、つまりは合計24グラムとなる
結構お安い
Made in Taiwan というのが、いい  どうせ中国製だろと思っていたのだが

キレイな透明なのだが、ひとつ問題としては、10分硬化型のため、混合のときに
入り込んだ気泡がそのままの状態で硬化してしまう
長時間硬化型だと、混合したあとに、しばらく放置すると、気泡は、ゆっくりと浮かんで
ついには消えてしまう なので、混合して、しばらく放置というのが、基本だったのだが
10分では、放置する時間が無い  しょうがない