読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

またも探し物で

このあいだも、探し物で
探しているターゲットは見つからないのに
そのまえに見つからなかったモノが出てきたことを書いたのだが

またですよ

探していたターゲットは、結局探せなかったのに
以前に探して、結局見つからなかったものが
ポロリと出てきました

f:id:ooasahi:20150411215716j:plain


これは、プラモデル用のニッパーです
小学生のときに、父が東京出張のときに、模型店に寄っておみやげを
買ってきてくれました
それが、このニッパーを含んだ、プラモデル製作工具セットでした
ニッパーのほかには、ピンセットとヤスリだったかな
ピンセットは、前からいくつか持っていたし、ヤスリは、あまり使わないので
感動は無いのですが
このニッパーは感動でした
それまで、プラモデル作りのときは、部品を手でもぎ取っていました
昭和の小学生ですから、それが標準でした
人によっては、ツメ切りを切ったというやつもいのですがね

とにかく、すっぱりと部品が切れて
その処理を彫刻刀の切り出しで、ちょちょっと削ればOKでした
そのあとずっとメインで使っていました
スプリングは折れたので、なにかの部品についていたのを
とりつけました

f:id:ooasahi:20150411215741j:plain


あのころは、スパッとキレイに切れて、感動的だったのですが
今見ると、以外になまくらで、それは、使い込んだからでしょうが
そして、以外に、アソビが大きいのも、やっぱり使い込んだからでしょうか
いまから、砥いでみても、アソビが大きいので、切れ味は良くはならないと
思って、ちょっと、砥いでみましたが、ちょっとだけにして  やめました
はたして、出番はあるのかわかりません
今は、別なニッパーを使っていますから
今使っているニッパーは、ちょっとだけ不満はあるのですけどね
もしかすると、あのニッパーの切れ味の感動は、よほどのものに当たらないと
二度とは来ないのかもしれません