読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

古い筆はだめです

30年以上もお休みしていて
復活するにあたって、30年以上昔の筆を使っていたのだが
やっぱりだめだと思い知った

まず、使っていると、毛が折れる
抜けてくるのではなく
もろくなっていて、かるく折れるのだ
折れた破片は、塗装面のゴミとなる場合と
塗料の中に、ゴミで残る
どちらも面倒だ
折れてしまった筆そのものは、先がギザギザだし
先が太い毛の束というのは、もはや筆としては使いにくい

なので、しょうがない、筆を買うしかない
一番出番の多いサイズをまず買ってみた

f:id:ooasahi:20151123204319j:plain


左から
タミヤ 平筆 No.0
タミヤ モデリングブラシHF 平筆 No.0
精雲堂 ホビーセーブル 平0号

すべてゼロなのに、だいぶ違う

なお、私の筆の使い方はたぶん特殊かもしれない
白、赤、金属色、黒 は、その色にしか使わないことにしている
そして、大きく分けて、ライト系の白っぽい色用と
ダーク系の暗い色用で区別している
なので、筆立てには、太さ違いと、色違いで、たくさんごっそりと存在することになる

筆を洗わないためではなくて、よく洗ったつもりでも
根元にわずかに残ったりしてのトラブル防止と言うだけだ
なので、いつもは、使ってから、洗って、そして筆立てに立てる
ということにしている



なお
この週末は、野暮用ばかりで
しかも、頭の痛い、難題の野暮用(じゃないよな)
があったし
さっぱり作れなかった