読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

タミヤニュース2016年3月号が来た

タミヤニュース2016年3月号が、届きました
冬で製作が進まなくて
こんなことしか書けないのです

f:id:ooasahi:20160213211510j:plain


表紙は、フランス陸軍のマークですが
いつのものでしょうか
現行のマークでしょうか  わかりません
裏表紙は人形改造コンテストの入賞作品です
このくらいのサイズの写真で見るのがいいのでしょうね
今は、お安いデジタルカメラでも、スマートフォンのカメラ機能でも
拡大して、詳細がわかる写真がとれるので、悪く言えば「アラが写る」
ものでね

f:id:ooasahi:20160213211525j:plain


「戦跡をたずねて」は「オットー・カリウスの戦場」です
中学、高校くらいのころは、ビットマンは聞いたことがあるけれど
オットー・カリウスは、聞いたことが無いという、
「飛行機が好きっ!」少年だったので、だいぶあとで知りました
飛行機の場合は、中学時代から、ドイツのエースは、だいぶ知っていたのですけどね

f:id:ooasahi:20160213211546j:plain


モデラーのための戦史」は、ずっと、ダムバスターです
なかなか、ここのところ毎月ドキドキします

f:id:ooasahi:20160213211604j:plain


イタリア軍装備解説」は、また装甲車です
まあ、ひとのことは言えないのですが
ちょっとねえ
これで、勝てると思ったのでしょうねえ

f:id:ooasahi:20160213211616j:plain


いつも真ん中にある、ジオラマ作品は
「カーン攻防戦」です
こういうのを見ると、ジオラマはいいのですが
プロペラ機を使ったジオラマは、地上とか水上機の水面とかくらいしか
表現しにくいので、作る気力がわきません
言い訳でもありますが...

f:id:ooasahi:20160213211631j:plain


東京AFVの会
さすが東京と言ってよいのでしょうね
いなかの町だと、飛行機作る人を集めようとしても
2、3人だったりして  どうしようもない
出戻りモデラーを作るために、市内の模型店の
コンテストに出していますが、増えますかねえ
また4月ごろに、すべてのカテゴリーのオープンの
コンテストがあると思うので
単に、「飛行機モデラーが、ここにいますよー!」と
主張するために、出品したいなと思います

はて、こんどは、何にするかな...