読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八幡原飛行場業務日誌

(ごめんなさい)ログインしているはてなユーザーのみコメントを書くことができます

タミヤニュース2014年1月号が来た

12月11日発行のタミヤニュース2014年1月号(Vol.536)が届いた。

f:id:ooasahi:20131213215038j:plain



昨日は、いろいろとあって、見る(観る? または、 読む?)時間がなかった。

今日これから、じっくり読むことにしよう。
毎月楽しみにしているのは「モデラーのための戦史」だ
今はちょうど、イギリス空軍の夜間爆撃とドイツ空軍の防空のところで
私の興味のあるところだ。

この第二次大戦のヨーロッパの夜戦については、たぶん高校1年のころに、なにかの本で読んで
イギリス軍の「オーボエ」とか、モスキートの「パスファインダー」
そして、ドイツの「シュレーゲムジーク」とか、初めて出会ったものを一生懸命
覚えようとしたのを思い出す。

そのときに、モスキートが気になったが、入手しやすいモスキートのキットは
田舎町では存在しなかった。
モノグラムの1/48が定評があるのは知っていたが、田舎では買えないのだ。

グンゼレベルから、確かイギリスレベルの開発だったと思うが、1/32の爆撃型の
モスキートが発売されたときは、馬鹿でかいのを覚悟で買って作った。
置き場所が無くて、たんすの上に置いていたら、なにかのはずみで落下して、粉みじんになった。

そのうちに、タミヤの1/48を作ってみたいなと、ちらっと考えている。

というのが、このタミヤニュースの、「罠」なのだろうか